暑中見舞










浴槽に浸かりながら、お酒と
しゃぼん玉と共に、過ぎてく時間を
この身で感じない時が、堪らなく好き。



部屋着にすっぴんで煙草片手にふらふら
徘徊みたいに歩いて世界に一人ぼっちな
感覚を味わうのが好き。



何時だって、何だって。



自分の思い通りに行く訳無い世界を泳いで
反発する様に派手に見せたりして、
虚勢張って‘今’に縋ろうとしてるけど、
やっぱり時々捨てたくなるから。



また頑張るよ、生きてるから。



明日へ繋ぐ魔法を自分にかけて
空想のリセットボタンを押して
最後の非現実を見る為に目を閉じた。




c0214195_11474876.jpg







答えられる気がしないから
断ったの。


そしたら意外な顔が浮かんだ。




まだよくわかんないのに、
へんなの。
[PR]

by maco516 | 2011-07-12 11:52 | 日々