タグ:zuikodigital11-22mm 1:2,8-3,5 ( 50 ) タグの人気記事

くずかごの中身。





こんなにもちっぽけで
弱い。



c0214195_23124318.jpg




丸めて捨ててあった 黒い塊が愛だったとしたら




そう考えたら、
こんなふうなのも肯けた。



ただ、少しの幸福を
うつしておきたかったあの行為は
アタシにとっては健全だったのに。



何処までも いつまでも。



平行線。



小さい小さい私。





息を吸って
眼が廻るくらい。
[PR]

by maco516 | 2012-03-14 23:18 | ぐるぐる。

取り戻す時間




爪先が地に着かない。



浮遊して、浮遊して、空を泳いで。



籠に囲ってくれない人ばかり。



(この身が千切れる程。)



広げた両手は黒に濡れた闇。



例えば十五のあの夜更け。



裸足で駆けた痛みは、もう。



(気ままに生きるさ。)



息が続く限り。





c0214195_11212347.jpg





君の長い指は魅力的だ。




星空のしたで感じたこと。




足の末端も、指の末端も

びりびりと痺れていた。



すべてが静寂に溶けていた。



真っ暗ななかで
感じるものは


生きていること。





大体いつも

死んでいる気がしている。






私は生きている。


小さなことに腹を立て

小さなことに悩み

小さなことに沈み

小さなことに笑いながら





大きな大きな空のしたで

自分の小ささを確認する。




生きている実感。



誰かに触れる瞬間と、
大自然の幻想さに包まれたとき。






こんな汚れた世界で


それだけが生きていると感じられること。







今はもう、耳を塞ぎたくなる環境で


また
呼吸がうまくできない。
[PR]

by maco516 | 2012-01-31 11:42 | + maco.

存在さえしていれば




瞼に棲みついた君が
緩やかに涙したり
そんな微かなことを
強くなる理由にしては
価値の意味を問いかける


( 無価値の価値を )
( 世界は知らない )


咲くのは花ばかりではなくて
裂くのは僕ばかりではなくて
叶わない最期は 何時だって
誰かの手を濡らしている


( 例えば、意識の海で )
( 溺れた君を見上げる )




c0214195_20161443.jpg




初めて訪れた廃墟が

解体されるということを知った。



それは酷く大袈裟にアタシのなかで増幅して行く
瑠璃色の液体のように
精神に浸透していく


もう一度行かなければ。



そう思った。
[PR]

by maco516 | 2011-08-25 20:18 | photo

いまさら道南の旅



初日はひたすら海岸線を南下。

地元でラッキーピエロで腹ペコなお腹をキャパオーバー気味に満たす。


で、上ノ国の道の駅で就寝。

ご飯をたべる頃から大雨ww


明日の旅はどうなるかと・・・
しかし、夜中目を覚ますと、雨は上がっていた。よかった。


しかしorz

朝はこんな感じ

c0214195_19401843.jpg



ええーーー。。。。


って思ったけど、徐々に晴れてくる。

おお!


c0214195_19431311.jpg



晴れ間が!朝日がいい気持ちに。

しかし、地元なのに案内が至らず、目的地1箇所スルーー。汗


すいません。

で、お風呂目的に函館へ向かう。


函館山山頂は、残念ながらガスの中で何もみえず。

でも、少し降りると雲を抜ける。

c0214195_1946124.jpg


おお!

調子こいて立待岬まで行ってみる。

今回の度は雲とガスで味のあるPhotoが沢山。

c0214195_19475263.jpg



アタシ、やっぱり人がいる風景が好きだな。

c0214195_19483787.jpg




その後、もうベタベタに耐えられず温泉へ。

しかし、これもアタシの知識不足で、タッチの差で中休みの温泉orz


仕方ないので、見市温泉まで風呂はおあずけ。

お風呂でさっぱりした後は、太田神社で結局へろへろのドロドロ。

c0214195_19512852.jpg


しかし、近くに廃道があったので、散策。


c0214195_19515311.jpg


c0214195_19522290.jpg



いいですわ。

結局こういう空気も大好物な自分ら。

c0214195_19541315.jpg


海も綺麗だったな^^

歩き疲れて、また腹ペコで、

ドライブしながら帰る。

c0214195_19555466.jpg



帰りに見た羊蹄山はあまりみない雲の被り方だった。




筋肉痛にもならず、天気は晴天ではなかったけれど、
面白い風景がたくさん見られた。


やっぱり旅はいい。

今週末はまた法事で南下します。


どんだけーーー道北いきたーーーーい。
[PR]

by maco516 | 2011-07-12 19:58 |

太田神社






道南五大霊場の一つであるとされている。
 
せたな町のはしっこに有ります。


[太田神社]


すごい衝撃的だったので
旅の記事のまえに綴っておこうと思います。


c0214195_2162551.jpg



ここはどん詰まりにあって、この神社目的じゃないときっと行かないでしょう。

c0214195_21115678.jpg



まずはこんな急勾配な階段が200段です。

このときは安易に考え、まさかこの後、あんな険しい道になるとはww


c0214195_21132216.jpg


なのでこんな軽装です
c0214195_21192264.jpg



登りきって、『急な階段だね。汗』
なんて まだ軽口を叩けてました。

c0214195_21163815.jpg


途中には鳥居や石像。

c0214195_21221982.jpg



とりあえず、延々と急勾配の道のり。

この鳥居に着いたときは

もう言葉も出ないww

(げhはぁはぁ、ぜーぜー、ゲホっ)

みたいな。

c0214195_21253443.jpg



しかし、此処はまだ、半分だった・・・・・

このときは、きっと、もうすぐ本殿よ!と思っていた。

いや、願っていた。

途中、登り切って帰りの人たちとすれ違う。


『あと、20分くらいですよ。』

『お互い軽装ですね』

『かなり辛いけど頑張ってください』

なんて。


もう、アタシには返事をする元気もなかったが、


一緒に旅したH氏の励ましと、自らの叱咤で

『ここまで来たら戻れないぞww』

なんて。


そんな感じで、あまり写真を撮る余裕もなく。泣





やっと山を抜けた!


と思ったらこんな、心もとない橋が。

c0214195_2121231.jpg



こわーーーーーーorz



c0214195_21325462.jpg




たかーーーww


c0214195_21333313.jpg



景色はすごかったな。

すっごい吐きそうだったけど、

『おおおおおおおおお~』ってなった。


とりあえず登る。

c0214195_21363252.jpg


H氏の体力はさすがww


c0214195_21385035.jpg


アタシは山を登るより、この遊具的なモノのほうが得意でしたww


そしてついに!


本殿!!!


c0214195_2139497.jpg



どんなとこに建ててるねん!

上からは雨でもないのに水滴がぽたぽた。


ああ、すごいなぁ。

やれば出来るなぁ。

と。

で、Aの病気が治るようにお願いして。


下りもずっと、ロープを握り締めながらなんとか下山。

途中滑って腰を打ってしまったが、大したこともなかったので。


c0214195_21463555.jpg




大変な参道だったが、その分着いたときの感動も大きかった。


体力のないアタシに合わせて置いていかずに最後まで一緒に歩いてくれた
H氏に感謝。

ありがたい太田神社。


あなたもどうですか?


写真じゃ険しさが伝わらないなぁ。

ほんと、前回の羽幌も結構大変だったけど、
此処はその何倍もハードボイルドでした。

いいモノ見れた♪


たびフォトは


次回更新。
[PR]

by maco516 | 2011-07-11 21:50 |

生を孕む




必要なことを必要とした
きっと私は
深く深く 呼吸をして

葬ることはない
それが真実であり
それが生だった

新しくなっていく
新しくなっていく

嘗ての私を 失っていく



たったひとつを必要とした
きっと私は
深く深く 呼吸をして

葬る優しさもない
それが真実であり
それが死だった

正しい選択は
正しい選択は

私は私を 失っていく




c0214195_2141446.jpg





明日からは

また天気予報のどんでん返し。



さて、さて、カメラレンズ磨くかな。
[PR]

by maco516 | 2011-07-08 21:06 | + maco.

時間旅行





夢にまで見た






c0214195_14321028.jpg








ずっと行きたかったの。



c0214195_14331340.jpg







なんて美しく凛とした朽ちた姿!


嗚呼、嗚呼!


此処までの薮との戦いなんて忘れてしまった!
(本当は覚えているけど・・・)






c0214195_14341467.jpg




時間なんて忘れるほどに。






想うよりずっとその存在は大きかった。

まるで 貴方のように。










まだまだ続きますw

フィルム早く現像に出したいな。
[PR]

by maco516 | 2011-07-03 01:07 | photo

憑依



唖々、 廃に取り憑かれてく


心地良い。



c0214195_1919191.jpg




でも、いろいろ調べてみると

此処も悲劇のステージだった。



だから此処への尊意と 歴史を 重んじて


安易に考えることなく 敬意と共に。
[PR]

by maco516 | 2011-06-21 19:21 | photo

初めての







廃墟。


c0214195_2154782.jpg





なんてゆうか、惨敗。



旅の最後に、dai氏からの言葉を何故か思い出し、

少し過ぎて、やっっぱりいってみたくて探した。




案外すぐに見つかって、
走行距離1000キロの旅のフィナーレの場所を此処に決めた。



でも、足元は昨日の雨でぬかるんでいて、
光の取込み方が劇的にムズ。死



三脚はぬかるんでるから出さなかったんだけど、

暗いところが多いから、また状況のいいときにリベンジしたいな。


大きくて静かで、

実は最初はシャッター切るのすら忘れて
只圧巻されてた自分、



エヴァネッセンスの世界観だわwww



と思っていた自分はかなりアホ。




ってか興奮して手とか震えてたのはないしょ。


一番大きなの、のぞき込めたのかな?もっとちゃんと探せばよかった。


それだけ入れなかった。





近いし、北海道TRIPは帰路でよく使う道路だから、
絶対また行きたい。




あーーーーー静と寂と圧。



高鳴る高鳴る。





たかまるーーーーーーー




モデルが欲しくて仕方なかった初廃墟は
見事に惨敗。

フィルムもてきとーに貰った期限切れの感度100しか持ってないし。死






はあぁあああああ



今回の旅は“寂”の描写が多かったな。



肝心の旅PhotoはJOJOに更新。






やっぱり旅は楽しい。
[PR]

by maco516 | 2011-06-19 21:16 | photo

さらば





其の時、その瞬間、 そこにしか存在しない


記憶を記録すること。



だから写真は面白い。




だってもう二度と

全く同じ瞬間などないのだから。



c0214195_17205525.jpg








裏切り続ける私です
荒野で笑う青い鳥
貴方を海に浮かべて
そっと目を閉じました


死んだフリにも慣れて
泣かずにすむ方法も
やがて知ってゆくです
消えて無くなる その時に


悲しみや愛しさのように
測れない稀薄さに弱って
揺られて 揺れる
貴方が好きでした


****************


旅に出たいな。

いつだってそこにあったのは

素敵な情景だった。



アタシからしたら 貴方が写って アドバンテージ。






人のいる情景が好きなのかも。
[PR]

by maco516 | 2011-05-28 17:25 | photo