タグ:PENTAX ( 44 ) タグの人気記事

安らぎ







触れて 触れて
溶けた心に雨が落ちる

此処には安らぎと意味があって
その先に
消えずにいる面影がいた

私は笑える
だからこんなにも
弱い貴方が愛おしい



触れて 触れて
凍った涙に亀裂が迸る

此処には憐れみや存在があって
それでも
哀しみに暮れる弱さがあった

君は震える
だからこんなにも
私は強く愚かしい




c0214195_2201522.jpg




今日は忘れられない日。


10年以上立っても
血液が緩く流れているのがわかる。

でも、
私は立ち止っていない。


私は生きていくし
描写していく。


撮りたいものがあって
触れたい人もいて
話したい未来があって
絶望的だったり、幸せだったりする今がある。


時々する雨音。



それでも時間が過ぎていく。



ゆっくりとでも

わたしはわたしになる。
[PR]

by maco516 | 2012-05-16 22:06 | photo

一方通行




私たちは他人だから。


c0214195_21404241.jpg



c0214195_2141319.jpg



分かり合うことなんて出来ないのかもしれない。


眼の奥で溢れるものには
きっと意味なんてないのだろう。


今、貴方はどんな空を見上げているのだろう。



わたしがいてもいなくても





空は変わらない。




うまく伝えられずにいる。


いつだって同じ空を見上げて


“綺麗だね”って

笑えるのにね。







貴方は何時も右側を向いている。


可笑しなほど
一方通行なんだ。
[PR]

by maco516 | 2012-03-18 21:46 | ぐるぐる。

毎晩のこと





貴方に溺れることで
私は私を取り戻して
揺るぎない真実に
手を触れた気になれる


可笑しいと笑って
虚ろなままでは怖いから
どんな時も消えない何かを
何時だって望んでいる


夜の隠れ方や
朝の冷ややかさを
呼吸に混ぜて報せては
静かに心へ沁みていく


依存して すこし突き放して


永遠なままの距離を
廻間に飼って生きていく



c0214195_2337269.jpg




街は昼夜問わず騒がしい。

沢山の人。ネオン。喧騒。



私は部屋で一人
缶のプルタブを弄りながら
天井を見上げる。



取り残されてる気がしてる。



静かな夜に。



情報だけが溢れていて
なんだかオカシイ。
[PR]

by maco516 | 2012-02-17 23:41 | 日々

夜明け




夜明けを待つ時間を
誰しも平等に与えられて
私たちは
ただ其処に在る闇のように
同じ空を仰いでいる


過ぎていく世界の中で
知っていくものがある
ほんの少しの優しさと
とても大きな哀しみ
けれどその稀少を
糧にする術も憶えていくよ


そんな繰返しをいつまでも
悲劇のままで終わらせたくない


理想もあって羨望もある
時折私に触れていく
希望にも似た朝も来る


夜は明ける


c0214195_22522757.jpg






旅欲半端ないw
[PR]

by maco516 | 2012-02-15 22:53 | photo

わらうこと



いつだって
想いだけでは足りないのは
形なきものを触る不安
2人が知ってるから


手触りを探して
成果のない夜には
核を持たぬ夢でいい
暖めよう ここで


小さな胸が痛む時
思い出して そこに
かつて愛しく思った
ガラクタが眠っていることを



c0214195_22264434.jpg





 例えば 眠らなくても 
 呼吸が続けば良い。


 君が居なくても 
 呼吸が続けば良い。



 

 そんな風に生きていたって
 それは死んでいるのと同じで。




 仲間と笑うこと
 何かを成してゆくこと
 歩んでいくこと
 心を震わせること

 食べること
 歌うこと
 キスをすること
 手をつなぐこと
 
 一人で泣くこと
 感じること



 人は間違う。

 それでも
 間違いは取り戻すことができると
 アタシは信じてるし
 
乗り越えることはできると
また笑える日が来ると
信じている



 ASAMIが生きる力をみせてくれて
 SEIが生きる意味を問う


周りが笑うからアタシも笑える。


当たり前だけど大切なこと。


 哭くことは独りでできても。




 君と 笑いたい。



そう思った。
[PR]

by maco516 | 2012-02-08 22:36 | + maco.

夜明け前、予感。





喉を焼く 熱を飲み干す
揺らぐ? そんなことで


影が斬る 朝が遠のく
逃げる? こんなことで


誰かが 惨めだと笑ってくれればいい
そうすることで私は
もう泣かずにすむ


もう貴方にも 怯えずにすむ






c0214195_23351517.jpg






木菟が鳴く夢を見た。




子宮が痛い




そんな4時13分。





まだ夜明け前。





煙る。




私は




存在を確認して



再び眼を瞑った。




まだ、生きていた。
[PR]

by maco516 | 2012-01-07 23:38 | 日々

深夜二時の本音


優しい嘘が
何度でも私をころした
貴方の口から零れた言葉を
どうやったら愚かしいほどに
信じていれるのだろう


失うことは哀しくて
知らないふりはもっと哀しくて


ほらね 隣で生きるには
死に続けなくてはいけなかった


私のこころの中で貴方が
何度でも私を裏切った
心臓の数えきれない傷痕を
どうしてそんな風に
優しい手つきで撫でるの



私がいなかったとして 貴方は

貴方がいなかったとして 私は



浅ましさに 絶望していた










c0214195_20115074.jpg






久しぶりに 泣いた気がした

アタシの知らない過去と 
貴方の知らない過去が

アタシたちの今日を邪魔していて

でも、
過去がアタシたちを形成しているいじょう
あの夜、アタシたちはもう
傍にいることは叶わないんじゃないかと思ったからだ。


それでも
貴方は、嬉しいといってくれた。

幸せとはいってくれなかったけれど。

今はそれで
十分なのかもしれない。



貴方には伝えていないけれど


アタシが貴方に惹かれた要因のひとつは
きっと その 過去だと思う。



センスや姿形は勿論そうだけれど



雰囲気は
過去から形成されて
私は其処に反響したのだと思う。



私たちは私達のことを知らない。


でも、それは当たり前のことで



大切なことは

知りたいと思ったこと





傍にいてあげたいと思ったこと。






大事なものを失ってから

大事なものを持つことが怖くなった。



そんな自分が
また

両手でそっと包みたくなった。







強くなれるかな。

臆病な私のココロ。





今はまだ
私はきっと負担になってしまうけど

其れ以上に 貴方にあげられるものがあるのだとしたら

隣で笑っていたいと思うんだけど。



行く先は解らない。




一番になれるとも限らない。



それでも
アタシにできることはひとつしかない。





溢れたのは 涙と気持ち。



諦めきれなくて 押しかけた深夜。




ピンク色のスリッパが
本当はとても嬉しかったのは
まだ内緒にしておこう。
[PR]

by maco516 | 2011-12-25 20:34 | + maco.

実験台のハツカネズミ



実験台のハツカネズミみたいだと思った。



c0214195_22402188.jpg




湯船に浸かって

ふと我に返って


日常のループを走らされている感覚。




それは物語を読むことみたいに

当たり前で



同じ道を歩いて

働いて

食べて 

眠る。



でも、それを悲観していても何も変わらない。





そんな毎日の中で

何かを感じて 誰かと笑って

頭痛がしたって

目眩がしたって

日々は過ぎていくんだから。




愛の形って

どんな形だろうね。





私にはよくわからない。





昔、落して壊してしまったから。




創りたいけど



わからないんだ。




バラバラだから。




きっと、完全に空回りしてる感じ。





やっぱりハツカネズミみたい。





でも、生きるんだよ。





また明日。



さようなら。
[PR]

by maco516 | 2011-11-23 22:56 | 日々

細雪は、




無様な殻を 差し出すよりも
その手を取る方が
鮮やかに さざめくだろう


区別よりも 差別よりも
その瞳は穏やかに
理想を破くだろうから


最後に何を抱き締めて
最期に誰が抱き締めてくれる?

求めては裏切られる
愚かな末路を
必要とする 誰かは




c0214195_22114023.jpg




価値を見出すことは難しい。


私を必要とする誰かがいて

私は誰かを必要としているけど

それは必ずしもイコールではなくて




ただ笑い和えればいいなんて嘘で




誰もが孤独なのに

誰かといるとは限らない。


埋め合うだけの関係が罪ならば




地獄で笑って暮らすしかない。




アタシがとりたいその手を

掴むことは罪でしょうか?
[PR]

by maco516 | 2011-11-18 22:19 | + maco.

熱帯額





戻れない過去も
何時だって偽物な未来も
何かを奪う 敵でしかなく


哭いたね 弱者は
泣いたね 貴方は


きっと 破壊の方法も
私の弱さも
教えてくれたのは 貴方


必要なのは 貴方だけだと
欲しいのは 貴方だけだと
わたしには 貴方だけだと



あまりに脆くて
届きすら、





こんな言葉じゃ足りない
もっともっともっともっと
貴方が必要で


c0214195_18232699.jpg



目が覚めて、

君がいてすごく安心した。



居ないと思っていたから


いてくれて
ちょっと涙が出そうになって


でも、今の自分はきっと
すごく不細工なんだろうな、なんて

朦朧とした意識の膿の中で考えてみたりした。


朝になって

君が居なくて

ほんの少し残念で



でも、たしかに君がいた痕跡があって



私はまた 安心して眠ることが出来た。




この狭い部屋で

相変わらず一人だったけれど





これが、私にだけ向けられたものだったら良いのにと


また
そんなどうしようもないことを考えたりしている。



(雪が降ったんだって。)



寝不足のはずの君は

またダルそうに歩いているのだろうな、と






アタシはまだ布団の中で
よくわからない時間の中で


歌ってみたりしている。
[PR]

by maco516 | 2011-11-15 18:31 | 日々