<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本音




名前を呼んで欲しくて
褒めて欲しくて
欲ばかり


貴方は私だけを見てはくれない。笑顔も厳しさも皆に平等で 私はそれが気に食わない。
おはようを、一番最初に貴方に言うのは私でありたい。
さようなら じゃあなくて、また明日 でもなくて、おやすみが言いたい。


呼び捨てにして欲しくて
私だけ見て欲しくて
頭を撫でて欲しくて
言えない欲ばかり



c0214195_1062198.jpg




本音 を伝えること。


パワーがいる。



それを空かされるのは
疲弊する。
[PR]

by maco516 | 2011-10-19 02:21 | + maco.

わたし



いつだって
風が吹くたび揺らぐことを
許容しては笑っていた
それが許されるただひとつだと
知った日を 憶えている


言えるはずもなかった
" 他に傷つかない道はないのか "
笑うたびに傷ついて
麻痺なんかするはずない
生きて生きて生きて
辿り着くなにかは
こんなものなんかじゃない


それが許されるただひとつだと
教わった人を 憶えている


貴方が世界が今が大切で
自分だけを裏切ってきた


わたし


c0214195_2246489.jpg




私は 貴方が 欲しかった



強要することは許されない




そんな 過去と現在



それでも生きていけば




私が一番怖いのは時間かもしれない。




いったい何があったんだろう





私に過去があるように

貴方にも過去があって

其れは絶対領域だと解っている




ただ、今は此処にしかない。


私にも、貴方にも。
[PR]

by maco516 | 2011-10-13 22:53 | + maco.

弱くて小さい




誰かは随分上手く生きていた
" 見てよ こんなに器用な掌
誰も触れやしない
しなやかに逃げ続けるさ "
笑い上げた彼の肌
人の温度を知らぬそれに
稼働する意味は在ったのか



誰かは随分強く生きていた
" 私はひとりが好きだから
心にはえたこの棘が
私の孤独を護ってくれる "
静かに誇った彼女の目
求めたのは暗闇を裂く優しさだと
何時かは気付くのだろうか



見定めるため生きて
生きたために見失って
正しい何かを信じている


例えば 弱く小さな自分が
立ち上がって吼える日を




c0214195_11391564.jpg




こんなに誰かに

“なんでこうなったんだろう?”


って聞きたいのは初めてかもしれない。



私は いつものように

お願いが出来ずに



それが 相手のココロに亀裂を入れた。


今まで その亀裂は、
何度も何度も入れられて欠壊した。



でも、今回は 
もう取り戻せないのかもしれない。




どんなに伝えようとしても
閉じられてしまって、開けられない。



それはにはきっと
理由があるはずなのだけれど。

私がこうなってしまったのと同じ。



人は いきなり そうなるのではない。



“人を信じられない” と
彼は言った。



私はの言葉はきっと
もう届かない。



過去、現在、未来。



このままでいいのかと
もう一人の自分が嘆いている。




でも、縋って泣けるなら
とっくにそうしているし

アタシにその権利はなさそうだ。








こんなにも解らない事だらけ。


27にもなって

こんな事で眼から水を零すなんて

ばか過ぎて泣ける。
[PR]

by maco516 | 2011-10-10 11:49 | + maco.

怯る







あの日溜まりは
あまりに脆く
温もりを知った日々には
思いもしなかったけれど
きっと何時だって
揺らぎ続けている


言葉に出来ないのは
伝えたくて伝えたくて
仕方のないことばかりだから


分かるはずのない方法に
焦燥する私
貴方は見透かしたみたいに
優しく背を向けて


こんなにも不安に思うのは
こんなにも苛立ちを抱くのは
陽の中で笑う貴方を
失う日がくるのだと
認めるわけにはいかないからだ


嘘でも良かった
安心させる何かを
どうか 私に


c0214195_10493511.jpg



昨日,夕張清水沢アートプロジェクトへおじゃましました。


以前外観を、友人が見せてくれて
完全に萌えた、この旧火力発電所に潜入できるなんて!!

此処は今でも工事現場?作業場?として現役で
一般の侵入は普段は出来ないので、貴重だったと思う。
 

写真はブログで小出しにするつもりだけど、
facebookのアルバムに夜通しRAW現像かけたから見てみてください。

私が見た感想としては
あんな元々アート世界な異空間にアートを乗せるのは結構難易度高いなってこと


imageをしっかり持っていないと
場所の空気とちぐはぐでとんちんかんなものに成り得てしまうってこと。


中には非常に素晴らしいものもありました。


アートの感じ方は人それぞれだと思いますので、
興味のある方は行って見ることをお勧めします。


私はそもそも廃好きがこうじて足を運んだので
炭運の跡の離れの建物が抜群に心拍数を早めたり沈めたりしてくれましたね。



c0214195_1113993.jpg


至るとこにあったこの小さい折り鶴。

誰が何のために折ったんだろう。

これは多分当時のものなんだとおもう。この部屋には
手を入れてないと言っていたので。

c0214195_11145684.jpg


時間の経過だけが生み出すことのできる造形

c0214195_11154814.jpg

  

メイン会場は大分手が入っていたので、アート鑑賞メインでした。

写真を大きく展示されている方がいて
うらやましく思いました。

廃墟での写真展。
死ぬまでに一回でっかく出来たら。。。

夢ですね。


いいんです。
メインは廃の空間で
写真なんか二の次のついでで。。。

羽幌とかでできたら最高。。。。←完全に妄想



針金アートはマッチしやすいんだろうな。という印象。


あ、でも、帰りに事故っちゃって。←何

小さいきつねがビョンと出てきて思わずがっつりハンドル切ったら
表示版にがっつりぶつかり、しかも側溝に脱輪。

レッカーされて帰宅しました。←死


レッカー車で搬送されてる時もまたも
道路脇から今度は鹿がびょいんと飛び出してきてキューブレーキ。汗


警察の方や、レッカー業者の方のお話だと
一日に多い時は4~5件も動物で事故あるみたい。


みなさんもお気をつけて。


ってなわけで、アタシの相棒は入院して、
私もちょっとテンション下がってます。

旅に連れて行ってくれる方、随時募集中←懲りてないww

ってか、この事故が原因で
ちょっと 個人的に

全く関係ないところからの歪みで

自分の可愛くなさに幻滅して

もう連休は テンションも 下がりっぱなし。。。



そんなに 好きだったっけ?
なんでそんなにショック受けてるんだ?
満足しろよな。
そもそもいつからこんな?


だーーーーーー


ってわけで
相棒が帰ってくるまで 暫くもんもんとした日が続きそうです。


今日は流星群だったのになぁ。

見たかったなぁ。。

でも、雲多いからだめか。




ふんっ。>>
[PR]

by maco516 | 2011-10-09 11:31 | + maco.

季節の狭間








時間が弱く 頸を捻る
私は長く 息を吐き
大切な何かは
それでも 何処かに行ってしまった



気づけば私には何もなくて

気づけば君は言葉を覚えて

季節の狭間にたったひとつ

呼吸の許される弱者だった



融通の効かない記憶
2人は痛んだまま
暗い何かに縛られている
緩い拘束 ただし2人は



久遠のなかでたったひとつ

哀しみを識る偽善者だった





c0214195_2023845.jpg




何も始まらない。

アタシはいつから 全てを恐れて 身動きができないのだろう。



こんなにも 周囲は変動し 

季節は変わってゆくのに。



それはきっと

普遍を求めた アタシの

牢獄なんだろう。




自ら投じた 。




ここから出ることも
自らしなければ 何も変わりはしない。
[PR]

by maco516 | 2011-10-05 20:06 |