久しぶりに


 ブログを更新します。
 別にサボっていたわけではありませんが、仕事が段々と忙しくて‥

 年度末なので、きっと事務方さんは同じなはず‥

 異動がでないと全く落ち着かないですね。

 あ、ちょっとがんばって、ブログデザインやってみました。
 だから毎晩寝るのが遅くなるんだって。汗


 3月に入ったら、多分実家には帰れなくなってしまうと思っていたのですが、
 ちょうど用事を言いつけられたので‥、今週末は久々に地元に帰ろうと思います。

 天気がよかったら、日中に写真撮りに行きたいな。。

 なんだか落ち着かない近頃。

 出逢いと別れの季節。

 いろいろと思うところもありますが、
 もし 此処を離れることになったとしたら
 そりゃあ3月はもう、寝る時間ないです。泣

 でも、此処に留まったとしても、別れはいつかくる。

 だったら 送られるほうが、残されるよりもいいのかも。

 忙しいほうが 余計なことは考えずにすみますから。。


c0214195_2251978.jpg

[PR]

by maco516 | 2010-02-25 22:05 | 日々

気まぐれなベクトル


 大体は背を向けている。
 
 アタシは創生児が好きだから、 其でいい。


  ときどき 振り向いて わらう。

  貴方の時々を アタシにくれるから
  アタシもまた わらう。

 いつのまにか 隣にいて
 知らぬ間に 傍にいて

 いつかまた いなくなる。



  しろくろのパンダが指さしたのは
  
  今 と いつか の狭間だった。

 曖昧さを楽しめる余裕が欲しくて
 珈琲を淹れてみたりする。


 一番じゃないのが 重要なので。
 
 暫く 背中を眺めていたんだ。
 たぶん時間を計るには
 砂時計が良く似合う部屋で。

  
   大体は 背を向けている貴方の
   ベクトルの行方を いつだって想っていて

   その時間が 愛おしいのだ。


c0214195_21125426.jpg


 高橋大輔がやってくれましたねー。
 4回転は失敗してしまいましたが、感動しました。。。
 
 どうしても、高橋をみると尊敬する人を思い出します、、、、

 ジョニー・ウィアーが個人的には美し過ぎてぽーっとしてしまいましたが、
 リンクを降りると‥印象が違います。笑

 フィギュアは一度生で見てみたいデス。


 太宰治の「人間失格」の映画が公開になりますが、
 小説は人間の弱さの描写がすごく繊細で好きだったので見たいなぁ。。
 と思うのですが、函館では見られないのかしら?

 映画、たくさんたくさんみたいのがあって
 でも、見たいものはなかなかみられないんですね。うん。

 映画館は イマイチ集中出来ません。

 。。。

 
[PR]

by maco516 | 2010-02-19 21:25 |

不眠症

 だんだん
 こんがらがる生活、性格

 矛盾してきたら
 まず言い訳を考えていた夜に
 ズルの1つ2つ
 横目で見て 呆れているのも自分

 良くはないけれど そういうものでしょう?

 全て受け入れてみたら 後はどうすればいい?
 難しいことは 本当は得意じゃない。

 よく考えたら 眠れない
 良く考えても わかんない
 どうでもいいことだし どうにでもなることなのは
 百も承知だけれど

 結局 いつものように どうしてもわかんない

 納得なんか したふりばかりで
 正しさがないことが 煩わしい

 だんだんに息が詰まって
 いろんなものが壊れ始める


 自分勝手に傷ついてみても
 見つける答えは 手遅ればかり

 毎夜壊れていく イロンナものを

 只 ぢっと 眺めている


  
c0214195_22241437.jpg

[PR]

by maco516 | 2010-02-16 22:50 |

戦うこと


もう 大切なものが 無くなるのはみたくないから

c0214195_0142092.jpg



だから 大切なものは 極力持たないことに決めた


でも、 何も持たないと決めたら

何をしたらいいか 解らなくなった 。


だから カメラを持つことにしたんだ。



期待をして 叶わないと

深い闇が生まれるから

孕むことすら 拒否しようと思った。



でも どうしようもなく 欠落したような 孤独が
いつも隣で 嗤っていた 。


簡単に差し伸べられる手を 信じていいのか解らない 。


 信じたいと 思う 。

 でも 信じることは 怖いとも思う 。


傷付かないで生きることは無理でも
誰かの傷に 気が付ける眼は 失いたくなかった 。


触ったら 自分も痛くて 一緒に泣く。

 別に アタシには何も 拭う力はないけれど



 いつだって アタシの大事な人たちは
  
 戦っているから 傷だらけなんだ 。


 でも 戦わないで へらへらしているより
 傷つきながら 血を流して

 それでも 自分を信じて 踏ん張る人が アタシは好きだ。


 誰よりも 痛みを知っているから 
 誰かの痛みに 気がつくことができる。


 そんな人が 近くにいて 良かったと思う。


 自分が 戦う意思を そんな人たちの背中を見て
 奮い立たせることが出来るから。


 泣いてばかりいたら 何も見えない 
 何も 感じられない 。



 感じられないことは 死ぬことだ。と

 二人の人が教えてくれた。


 血が滲んでも 貫きたいものを アタシはもってるのかな?

此処から どっちへいこう。



 迷いながらでも留まることはしないで。


魅せられて 生きろ 。 
[PR]

by maco516 | 2010-02-16 00:33 | photo

反復+増殖

c0214195_11392577.jpg

草間彌生さんを敬愛している。

敬愛という言葉が正に!

今80歳を越えてなお
精力的に行われる創作活動。

これまで歩んできた軌跡。

作品から垣間見える頭のなか。
精神、ヴィジョン、質感、色彩。

生と死。


自分の精神との戦い。



恍惚の境地が見える。

水上の蛍や天国への梯子、君は死して今がすきだ。

クサマハプニングと呼ばれた一連の行為も
本当に計り知れない思考と原動力.溢れて止まないこの草間彌生という存在を物語っていると思う。

パワフルな永遠の表現者。
いつか彼女の本物の芸術に触れたい。
[PR]

by maco516 | 2010-02-14 11:39

大切なのは比率だったり

c0214195_0392492.jpg


白の比率は大切だと思う。

 他になにもないから。

 どのくらい 白に埋めてしまうか。


 沢山のイロを隠して 積もってゆく雪を
 見るたびに 違う気持で眺めている自分がいる 。

 静かに降る雪を見ていると
 どうしようもない感情が からだのまんなかあたりを
 しゅわしゅわする感じ。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 欲しいものがたくさん。

 携帯がそろそろヤバそう‥水没喰らってから騙し騙し使っているが、
 なんかいつ飛んでもおかしくないような気配‥怖!
 
 あいフォンに思い切って変えちまうか、もろもろの手間を割愛すべく
 4月にドコモから出るスマートフォンにするか‥うーん。。。

 カメラレンズはもちろん欲しいし、
 外出先でPC使えるようにしたい。

 そうなると、どうなんだろ‥何をそろえるのが得策なんだ?

 アタシは自宅もノートPCなんだけど、Windows7にバージョンアップするのに、
 膨大な写真データをとりあえず何かに移さないと‥
 あいチューンの音楽データもだ‥

 ・・・・・・・・・・めんどくさあい。。。。。



 明日は友達のアーティストしっさんのライブペイントの記録係を任されましたので(光栄!)
夕方からベイで必至こいてシャッター切ってると思います。

 しっさんの描く絵は、本当に凄いんだよー!時間ある人は是非見に来てねー!

 一人で行くのがヤダなーって人は連絡ください!
 一緒にしっさんを見守ろう!


 とりあえず‥今日は寝るか‥。。

 明日、売れるか解らないソファーをハウスオフに持ってくかなー‥



 あぁ、面倒‥。。。。
[PR]

by maco516 | 2010-02-13 00:54 | 日々

展示会、無事終了。


 展示会、昨日を持ちまして、無事に終了しました。

 わざわざ足を運んでくれた皆さま、愛してます。ほんとに。

 沢山の感想を設置していたノートを通じて、受け取りました。

 特に印象に残ったのは、
 ‘人物が情景とひとつとなっているような絵画的な感じを受けました。’

 という感想を名指しでいただきました。

 今回、人の写真を多く出したのですが、この感想は非常に私の写真のことを
 感じて、真直ぐにみてくださったんだなと、ちょっと泣きそうになりました。笑

 自分が感じて欲しかったことが、ほんの少しでも伝わったこと。

 これがあるから展示会はやめられません。
 準備は本当に体力をつかいますが‥汗

 自分の写真を、普段見てもらうことなんて絶対にない80歳のおばあちゃんからの感想とか、
 もう、なんか、本当にありがたくって、

 差し入れくれた友達とかもいて、
 
 なんか、写真は本当に、あー撮り続けよう。

 と思います、死ぬまで、しぬまで。


 そして、どんな形かは解らないけれど、写したものを誰かに出逢わせてあげたい。

 アタシが今まで出逢ってきた素敵な写真たちや、素敵な人たちとの出逢いのように。


 本当に、皆さま、有難うございました。

 これからも、細々と、マイペースに写し続けていきます。
 何処にいても。きっと。

 
c0214195_20275862.jpg

[PR]

by maco516 | 2010-02-11 20:28 | photo

いつだって、考えている

c0214195_1729784.jpg

 さよならのイメージをして

 其処を去る準備をするのです。

 もう 約束に興味は持たない。

 守られないことの方がきっと ずっと 多いから 。

 
 どうして 誰かの存在がないと 自分の存在に 意味を見つけられないんだろう。


 小さな一つの染みを見て 美しいと思うことは多いのに。


 煩わしいことの方が多くても それでも求めるのはエゴだとは思いたくないけれど
 まだ光射す方へ向かえば 其処が必ず暖かいとは思えない。

 何よりも 信用ができない といった君に
 なんてコトバをかければよかった?

 いつだって 新しい方に ‘恋をしたの!’という貴方に

 アタシが ‘本物の?’という疑問を説いたのは
 いつだって貴方はその後に ‘こんなはずじゃなかった’と
 同じセリフを口にするから 。


 愛おしさが いつか必ず消えてしまうものなら
 
 もうどうしても ‘〇 〇 〇 〇 〇_ _ _ ’なんて叫べなかった。


 なにもない 此処が 気に入っている 。

 でも 
 どうしようもなく 小さな窓の外の青空が
 憎らしい午後に 君を 思い出す。


 モラルなんて そんなものは どこにも存在しないと知った、
 晴れた日に、

 アタシは 久しぶりに 笑うことができた。


************************************

 お久ぶりです。
 みなさま、写真展を見に行ってくれたみたいで、
 アタシ、感激です!

 アタシはいつだって 周囲の反応がうれしくて、
 またいつか写真展してね!という声がありがたいことに
 いつもあるから、だから写真辞められないんだと思う。


 今回も、次の写真展も楽しみにしてます、
 
 という有難いコトバを沢山いただいて、
 アタシも熱が出て、声がオカマになるくらい身を削って頑張ってやってよかったと思いました。

 明日で展は終了です。

 でも、これからも アタシはきっと カメラと歩いて行くので
 また、なにかありましたら、どうぞよろしくお願いします。

 今回掲載の写真は、写真展にもだした写真なんですが、
 初めてポジのクロス現像で出したもの。

 イロがやっぱりいいですね。
 夢の中のような色彩。
 これからもっと挑戦してみたいなと感じました。

 そして、今回使用したロゴなんですが、友人のクリエイターとのコラボで
 イラストを書いてもらいました。
 彼女のイラストが、大好きなんです。

 彼女は写真も撮ります。

 久しぶりにあった彼女は 変わらず魅力的でした。

 あの脱力感はいい意味で、アタシも持ち合わせたいと感じます、、


 ありがとう。



 さて、声はオカマですが、明日はアタシも会場に出来るだけいるつもりなので、
 皆さま、遊びに来てくださいねー!!!
[PR]

by maco516 | 2010-02-09 18:05 | photo

孕→堕胎

c0214195_16541891.jpg



いつも 同じように笑う。

噛んでしまう爪先から滲んだ赤を

ただぼんやりと見つめていた。

痛みだけが 確かな気がしていた。


美しくない指先が嫌い。


でも 確かめる辷を これしか知らないから
気が付くと鈍い痛みが指先からぐにゃり広がっている


至るところからキコエテクル
耳慣れた擬音。

それなのに 全く何を言っているのかアタシには理解できない。



誰かが<ワカルヨ>といった。

一体なにを?

誰かが<ダイジョウブダヨ>といった。

一体なにが?




何かを燃やしたら
跡には何か残るんだろうか?

爪先から滲んだ赤みたいに
確かなものが。



ただ いつもどおり笑う。
昨日と同じ。


指先は今日も鈍い痛みで
存在を確かに位置付ける。



++++++++++++

見た目によらず
体が弱いです。

特にここ二、三年。

発熱してます。頭タダでさえ悪いのに
益々バカになるんじゃないかと思う。


何かを出すためにPowerを使うと
なんだか自分の寿命を燃やしてる気がする。
気のせいかもしれないけれど。

アタシはそんなに長生きではないと思う。
まぁ、気のせいかもしれないけれど。


だからなのか
どっかで手を抜きがちな自分がいて
全力でやると
自分が削れる気がして
填まらないように
のめり込まないように生きてる。

まぁ言い訳かもしれないけれど。

結局
死ぬことに恐怖はないと言いながら
やっぱり怖いのだと思う。

自身を削いで1人で消えていくことは
やっぱり怖いのだと思う。


命が消える瞬間は
本当に呆気なく、
映画やドラマのワンシーンのような
感情剥出しの錯乱状態すらなく
静かなものだということは
案外誰も知らない。


泣き喚くのは
自分が可哀想だから。


自分の行き場のない悲しみを
誰かに訴えたいから。


本当に満タンで溢れた哀しみは
静かなもので。


こんな-10度の
キンとした空気に少し似ている。



発熱しているのは
少し本気で産み落としたから
少し本気で愛したから
少し本気で孕んだ存在をまた消そうとしているから


愛しい存在が増えるたび
何かが消えている気がするのに
消えていくものが思い出せないのは罪だよね。

アタシは今日なにを忘れているのかな?
[PR]

by maco516 | 2010-02-04 16:54

静かな夜と喧騒の街

c0214195_230328.jpg


 曖昧でよかったの


 全てがはっきりとすれば 満足する 右目の言いなりになるのは御免だった。

 どこかから流れてくるものを感じた瞬間 立ち竦むことを臆病だというなら

 臆病者だけが 聖者なんだ。


 良く理解らない 自己犠牲の上に成り立つ自信は

 前世で歩いたベニスの街で築き上げたものだろうか?

 街中の喧騒は まるで深夜のNHK番組のように 淡々と流れていく


 (其処にある全てが確かなものなら 此処にアタシは必要ないわ。)


 全てが 曖昧 に 淡々 と 流れ て


 明日の同じ時間に たとへ 何か現状から一つ欠けても 

 此処にいる誰も 気がつかないだろう 。



 街の喧騒は 質の悪い機械からの音楽のように ざらざらとしていた。



 ( もしも 消えてしまったら 時々 思い出す程度がいい 。)


 昔何処かで聴いたような話。



 処理能力の高い 機械仕掛けなアタシの儘だったらなら 
 こんな曖昧さが きっと許せなかった。

 
 でも、結局 世界はいつだって 曖昧だった。
 曖昧で 気まぐれで 不確かだった。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 携帯電話を職場に忘れた。

 こうなると、本当に自分への連絡手段はこれしかないことに気がつく。


 でも、もうとりに行くのも面倒。


 本当は こんなときに限って普段鳴らない電話がなったりして
 職場からの呼び出しがあるかもしれないし、
 誰かが急にアタシに助けを求めるかもしれないし、
 誰かが気まぐれに アタシに何かを訊ねているかも知れないと思ってしまう。


 でも、
 大抵の場合、そんな予想は当たり前のように裏切られて 
 なんの履歴もなかったりするものだ。

 1日くらいはいいかな。


 
 さっきベランダにでたら、すごく冷え込んでいたし。



 もう少し 全てにおいて、気負わずに生きられたら
 世界の見え方も違っていたんだろうな。と近頃思う。


 自分で自分の首を絞めて 苦しいなんて言いたくないから
 もう少しだけ 時々でいいから 真っ白な空白をください 
 
 何も言わないで。 呼吸を感じたら 安心するんです。

 なにも言わないで。 伝わる生だけで 眠れるんだから。



 どうして 多くを求めるんだろう。

 大事なのは なんだろう。
 

  

  
[PR]

by maco516 | 2010-02-01 23:24 | ぐるぐる。